今までとは違う自分へ│30代から進化する

変えること

30代からは太りやすくなってしまう

20代の頃とライフスタイルは何も変わっていないのに、30代になると体重が増えていってしまいます。 基礎代謝が低下してホルモンバランスの崩れやストレスなどが原因になり、太りやすくてやせにくい体になってしまいます。 基礎代謝というのは、心臓を動かしたり呼吸したりなどに使われるカロリーのことです。 摂取するカロリーに変化がなくても、使われるカロリーが少なくなってしまうため、30代になると徐々に体重が増えてしまうのです。 また、仕事をしている方なら責任あるポジションを任されたり、結婚している方なら育児や家計のやりくりなどで、ストレスがたまりがちになります。 ストレスは体の機能にも悪影響を与えてしまいますし、食べすぎの原因にもなります。 20代の頃と同じような生活ではダイエットも効果が上がりにくいので、食事と運動を上手く組み合わせるのが大切です。

無理なく続けられるダイエットをしよう

30代から取り入れたいダイエットとしては、食事と運動を上手く取り入れて、長期間続けられるような無理のないダイエットが最適です。 食事制限のみだと体は飢餓感を感じて脂肪を溜め込もうとしますから、余計痩せにくい体になってしまいます。 また、基礎代謝を高めるためにも運動を取り入れるのが、30代のダイエットの基本にもなります。 自分にとって負担のない程度の運動を取り入れて、無理のないペースで行っていくのが良いでしょう。 ウォーキングなどの有酸素運動は脂肪燃焼効果が高まりますから、短い時間からでも行うのがおすすめです。 また、最近流行りの酵素ダイエットのように、酵素を取り入れるのも効果的です。 30代は酵素の量も減ってきますので、旬の野菜や果物を生で食べるのが良いでしょう。